HOMEシグナル 第6話 衝撃の死 極限のタイムリミット 誘拐事件の謎を解け
作品をさがす

はじめての方へ

アクトビラってどんなサービス?楽しみ方は?
対応機器をチェック
 
おうちのテレビでアクトビラが楽しめるかチェック!
もっと便利な楽しみ方

スマホとの連動機能など、便利な使い方をご紹介!

シグナル 第6話 衝撃の死 極限のタイムリミット 誘拐事件の謎を解け


2018年 日本 45分 51秒

出演:坂口健太郎 北村一輝 吉瀬美智子  木村祐一 池田鉄洋 青野楓 神尾楓珠  甲本雅裕 渡部篤郎 原作:『シグナル』 脚本:キム・ウニ 制作:Studio Dragon & ASTORY 脚本:尾崎将也 演出:内片輝 鈴木浩介 プロデューサー:萩原崇 笠置高弘 石田麻衣 音楽:林ゆうき 橘麻美 主題歌:BTS (防弾少年団)「Don’t Leave Me」 制作:カンテレ

大学の研究員・矢部香織(野崎萌香)の誘拐事件が発生。容疑者は出所したばかりの工藤(平田満)だった。現場に多くの証拠が残されていることに違和感を覚えた健人(坂口健太郎)は、犯行の動機が怨恨ではないかと推測。その理由を確かめるため無線機を手に取ると、大山(北村一輝)の悲痛な声が聞こえてきた。そして大山は、健人がもっとも恐れていた事態について話し始める。一方、捜査本部は矢部家にかかってきた香織本人からの電話により監禁場所を特定。しかし、美咲(吉瀬美智子)はなぜ香織が電話できたのか腑に落ちないでいた。そこへ、健人から連絡が入る。実は工藤が連続窃盗犯の容疑者として連行された直後、工藤の娘は事故で焼死。その際、香織とその父・英介(小須田康人)との間にある接点が生まれたという。そこに、工藤が香織を誘拐した本当の理由が隠されていた。

シグナル第6話 衝撃の死 極限のタイムリミット 誘拐事件の謎を解け ¥324/192時間(8日間)
  テレビで購入可能
シグナル全話パック ¥1,620/720時間(30日間)
  テレビで購入可能

パスワード認証


ご登録の4桁パスワードを入力し、【次へ進む】ボタンを押してください。 半角数字4文字
注:5回連続でパスワード設定を間違えるとロックがかかりパスワード入力できなくなります。

パスワードがロックされています


恐れ入りますが、「4桁パスワード」または「サービス利用制限用パスワード」を5回以上連続で間違ったため、入力されたパスワードがロックされました。
ロックを解除するには、アクトビラ・カスタマーセンターへお問合わせいただくか、毎日AM5:00頃ロックが解除されますので、解除後に再入力をお願いします。
【お問合わせ先】
●アクトビラ・カスタマーセンター(10時~19時 年中無休(元日除く))
0570-09-1017
●お問い合わせフォーム